整体で独立開業するための、整体スクール比較サイト「特選!整体プロナビ」

15.あらゆる選択はよく考えて

整体院を開業すると、その整体院を一からつくりあげる場合はとくに、経営者の個性というものが出ます。整体師は男性・女性の両者が考えられますが、たとえば女性であるなら、その女性らしさというものを整体院の内装に活かしてみてはいかがでしょうか。

女性らしさとはいってもその捉え方は様々です。もちろん、壁紙を全部花柄にするとかピンク色にするとか、そういったことを言っているわけではありません。女性らしく落ち着いたあたたかい雰囲気を演出してみようとすることを提案しているのです。母親のもとでくつろぐような、そういった感覚をお客さまが持つようにするにはどうしたらいいか、と考えてみるのです。照明の明るさや壁の色、ベッド等の置物の種類の選択、花の位置、香りなど、決めなくてはならないことが複数あります。これらの要因が相乗効果として良い雰囲気を醸し出してくれるように工夫します。その整体院のつくりや大きさに合ったベッドの形はどうすればいいか、などとひとつひとつ決めていきましょう。

そうして慎重に決定していき、つくりあげられた空間はあなただけのものです。随時気付いたところはなおしていきつつ、お客さまに愛される整体院づくりを心がけましょう。そうすることで、また来たい、とお客さまに思ってもらえる整体院となることができます。まずはあなた自身が整体院を愛し、よりよくしていく努力を継続していくことです。



ページトップへ