整体で独立開業するための、整体スクール比較サイト「特選!整体プロナビ」

12.少しの工夫で

お客さまの健康を最前線でサポートしていくのが治療家のおしごとと言えますから、健康に関しての知識を持つことは必要になります。お客さまも、当然あなたは色々な健康に関する有益な知識を知っているものとして接してくるでしょう。

しかし、その知識はあなたが単に知っているだけでは何も意味をなしません。ただ延々とその知識を口答で伝えていくだけでも、お客さまに興味をもっていただけないでしょう。そうです、まずは知識を蓄え、更にその知識をどのようにしてお客さまに伝えていくか、そのことこそが考えるべきことなのです。知っているだけでも、ただそれを何となく伝えるだけでもだめなのです。あなたが試してみてこれはいい、と思ったことやオススメのお散歩コース等、身近に感じられるような話し方を心掛けてみるだけでも効果は違ってきます。

とくに施術中であればお客さまは目を閉じて話を聞かれている場合も多いので、情景や具体的なオススメの商品等を想像しやすいように言葉で描写する試みをすることも親切でしょう。施術が気持ち良いだけではなく有益な情報が得られるのよ、という口コミだって直ぐに回るはずです。そうした少しの心掛けで、多店との差別化が図れます。



ページトップへ