整体で独立開業するための、整体スクール比較サイト「特選!整体プロナビ」

10.学びの姿勢

整体技術を習得するには、やはり練習を重ねることです。なんといっても非常に感覚的な部分がその多くをしめていますので、ただ理論を学び頭で想像しているだけではいつまでも施術することはできません。しかも習得し始めの頃はとくに、昨日つかみかけた感覚が今日は全くわからなくなってしまった、ということはよくあるのです。

また長く整体師として働いている人でも、スランプのような状況に陥ってしまうことはあります。その中で、あなたが一人でただ思い悩んでいても、あまり解決されることというのはありません。むしろ周囲の友達や先生に意見を聞きましょう。自分の施術を受けてみてどうか、どのように改善すればいいのか、恥ずかしがらずに率直な意見を求めましょう。また、口コミで流れてくる情報にも耳を傾け、繁盛店の整体を実際に受けてみることで新たな発見ができるかもしれません。ずっと同じ場所にとどまるのではなく、何か行動をしましょう。あなたという殻から抜け出すことです。他人から刺激を受けることでいつの間にかスランプから脱出していた、という具合に単純なものかもしれません。

人に評価を受けることをおそれてはいけません。逃げるのではなく、自分から向き合っていくことです。どんなに立派な施術家で苦労していないように見えても、その裏では日々努力を重ねています。お客さまに癒しをもたらすことのできる治療家は、常に謙虚な姿勢で学び続けています。



ページトップへ