整体で独立開業するための、整体スクール比較サイト「特選!整体プロナビ」

4.まず技術を身につけることで

整体師が、整体師になりうる条件として必ず欠けてはならないのは、もちろん整体技術を持っていること、でしょう。ただその技術だけを追求しているのではいけませんが、それが無ければまず始まりません。施術のできない人は、整体師とは呼べないのです。

整体技術があれば、まさに手に職があることになります。それを習得するのに多少時間がかかったとしても、それはあなたの強みとなります。転職を考えている人や、定年退職をした人でも目指そうとすることの多い整体師は、こうした強みを活かそうという思いのあらわれです。しかも実際にそれによって成功している人が多くいるのです。また、整体師になった人はこれまでの自分と整体師になった後の自分とを比較して、現在の心の穏やかさに満足している、という人がよくいます。癒しを与えることにより、また自分も癒される。それが日々の仕事であり、お金も入ってくるのです。

焦ってとくに思い入れのない仕事に就くよりも、多少のお金や時間をかけて整体技術を身につけて整体師になる、という道を考えてみてはいかがでしょうか。



ページトップへ