整体で独立開業するための、整体スクール比較サイト「特選!整体プロナビ」

特別調査!整体師の年収ってどれくらい?

1.整体スタッフの場合(雇用)

整体学校に通ったとしても、自分で独立するのが少ないのが実状のようです。
当然卒業したばかりの状況では、院長クラスや副院長クラスの仕事は任せられないでしょう。そこで各整体院での研修が行われているようです。

研修費は、【時給700円〜1,000円】もしくは【月給17万円〜20万円】が一般的です。

・時給例)時給800円で10時間働き、勤務日数を25日の場合
⇒月給は20万円。年収は240万円となります。

・固定給例)月給20万円の場合
⇒年収240万円

現場研修を積み、お客さんの支持を得られるようになった段階で、給与の話し合いをするのが多いようです。 結果を出していけるようになると、フルコミッション制度で、月給30万円〜50万円の収入を上げている方もいらっしゃるようです。

2.独立開業をした場合

ある程度稼げるようになると、将来に対して不安が出てくるようです。
「大きな看板があるから僕は出来ているけれども、全くのまっさらな状態から立ち上げてお客さんが付くのだろうか・・・?」
その恐怖心に打ち勝ち、お客さんが付くのには平均1年から1年半だと言われているなかで、その間の極貧を覚悟し独立している方がほとんどです。

・年収例その1)一回の施術料が5,000円、1日4名(整体院の1日の平均来院数)のお客様が来て営業稼働日を25日の場合
⇒月額売上50万円。
年売上は600万円になります。
そこから家賃(月額約10万円 ×12ヵ月=120万円)、諸経費(消耗品・電気代等50万円程度)を除いた金額約430万円が年収となります。

・年収例その2)一回の施術料が5,000円、1日10名(整体院の1日の平均来院数)のお客様が来て営業稼働日を25日の場合
⇒月額売上125万円。年売上は1,500万円になります。
そこから家賃(月額約10万円 ×12ヵ月=120万円)、人件費(15万円×12=300万円)、諸経費(消耗品・電気代等50万円程度)を除いた金額約1,030万円が年収となります。

以上の2パターンを見ていただいてわかるように、整体業界で独立してもお客さまに来ていただかなければ、「サラリーマンの方が年収が良かった」なんてことになります。
逆にたくさんのお客さんに来てもらえれば、サラリーマン年収の倍を稼ぐことができるでしょう。
従って、整体技術のみを習得することだけを考えず、整体師として食っていけるだけのトータルスキルを学べる学校を選ぶことが、独立開業で生計を立てていくの最短距離になるでしょう。

3.複数店舗の経営者

私ども整体プロナビ調査隊はあることに気付きました。
2〜3店舗を経営しているオーナーたちの存在があるのです。
複数店舗を出すということはすなわち、1店舗の売上がいいから出来るということです。
1店舗で月収200万円の店舗が3店舗あって、月収600万円×12ヵ月=年収7,200万円。
また、たった一人で年収1億円稼いでいるオーナー達が実際にいることに直面しました。
こういったオーナーは、たくさんの収入があり且つ時間もたっぷりあるということになりますね。

ですので、あなたの夢や希望、目標が大事になってきます。
生涯の中で、あなたは「雇用」の形態でやっていきたいのか?
独立して院長先生としてやっていきたいのか?スタッフを雇用し、複数店舗のオーナーとしてやっていきたいのか?
お客様に満足してもらい、なおかつ自分の望む収入も得られるというのがプロの整体師の醍醐味だと思います。
ですので、学校を選ぶ際は、ご自身が長期的にどの形態を目指していくのかを明確にし、そのうえでご自身の夢を叶えることができる学校を選びましょう!!



ページトップへ